子供部屋のインテリア 関連情報 インテリアの特集

スポンサードリンク

2009年01月13日

子供部屋のインテリア 関連情報

子供部屋のインテリア に関する初めて聞く新情報がみつかるといいですね。



成長に伴ってすぐに体が大きくなるので服をこまめに買い換えるために洋服箪笥はすぐいっぱいになりますし、子供というのは色々な理由でオモチャをもらう機会が多いのですぐにオモチャ箱もいっぱいになってしまいます。子供部屋のインテリアと言っても、実際には子供の意向が入っていることはありません。労力はかかりますが、子供部屋はカラフルで色鮮やかなインテリア用品が多く、大人の居住空間とは全く違ったインテリアを楽しめるので、面倒くさがらずにチャレンジして頂きたいと思います。また子供部屋は子供が安全に過ごせる空間である必要があります。そのため、子供部屋のインテリアはいかにたくさんのおもちゃや服などを収納してスッキリさせるか、まずそこから始まります。



子供が大きくなったら自分で自室のインテリアを考えるようになるでしょうが、これは子供がまだ小学生くらいまでの小さい時期の話です。子供部屋というのはとにかく物が多くなります。そんな話をしてくれた人の実家も同じような美しいお宅なので、おそらくご両親もそんな考えの人で、子供部屋をオシャレなインテリアにしていたのでしょう。筆者の知り合いにもそんな人が居てるのですが、リビングだけを凝ったインテリアにするのは「凡人」だそうで、本当に思い入れを持っているのは子供部屋なんだそうです。あくまでも親の意向です。



デザインにこだわらない人でも、収納や安全などの機能性にこだわるひとは多いと思います。インテリアに凝っている人のお宅を見ていると、子供部屋にもかなり思い入れが強い人が多いことに気づきます。そのため、角の尖っていない家具やおもちゃ箱など、子供部屋に適したインテリア用品もたくさん売られています。そうやって受け継がれていく入口が子供部屋のインテリアなのかどうかは分かりませんが、キッカケになっているのは間違いないようです。



馬鹿にする人、憧れる人と賛否両論でしたが、筆者はそれ以前にエルメスの良さを赤ちゃんが理解するはずがありませんから、やはり子供部屋のインテリアは親の自己満足に近いものがあるなと思ったものでした。さて子供部屋を全部エルメスで統一することはともかくとして、子供部屋を機能的にしたいというインテリアの工夫は色々と考案されています。ですが子供というのはおもちゃをどんどん出しては出しっ放しにするので、別の意味で最もインテリアに関しては労力がかかるかも知れません。タレントの梅宮アンナが子供を産んだ際に、子供部屋を全部フランスの有名ブランド「エルメス」で統一したことが話題になりました。




子供部屋のインテリアの関連サイト・ブログを紹介します。



子供部屋の本|学習デスク|ベッド|コーディネイト

子供部屋・家具に焦点を置いたインテリア関係の本をご紹介。子供部屋作りや家具購入の参考に。パラパラと眺めているだけでも楽しい本ばかりです。 インテリア コーディネータ

net.jp.org/1nen/books/index.html



子供部屋(インテリア・寝具・グッズ) - 楽天市場情報局

日本最大級の楽天ショップの情報紹介 ... 最大23倍相当半額セールディズニーマット特価! 価格保証プライス★ツインデスク 2色対応★広告掲載店舗 ... 価格:19 530円(税込) /送料:送料別 カード払い:カード利用可 インテリア diy

www.twin.ne.jp/~oberisk/raku/?m=ls&g=203024



子供部屋インテリア

子供部屋インテリア インテリア 大阪

mychilrensroom.com

posted by ase4 at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 子供部屋のインテリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111446506

この記事へのトラックバック
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。