ファブリック について インテリアの特集

スポンサードリンク

2009年01月10日

ファブリック について

ほんのちょっとだけファブリック の話にお付き合いください。



当然ですがどの国も非常に寒い国です。ファブリックだけでなくデザイン家具や小物のメーカーが今でも北欧にたくさんあることを考えても、その文化の深さを感じます。そこにインテリアの知恵がたくさん生まれる下地があります。部屋のインテリアに凝る場合、何か特定のテーマを持たせることから始まります。その中でも特にベトナムやインドネシア・バリ島の家具は日本でも人気が高いことで知られています。最近雑貨店やインテリアショップなどで「ファブリック」という言葉を目にしたことはありませんでしょうか。



北欧というのはヨーロッパ北部の国々、スウェーデンやノルウェー、フィンランドなどのことを言います。ここで言うアジアとはベトナムやタイ、マレーシア、インドネシアなどの東南アジアをイメージして下さい。和風インテリアについては別の項でお話しますので、ここでは北欧風とアジア風についてお話したいと思います。木や竹、葦などを使った素朴なテイストが癒しの空間を作り出すのに適しており、最近ではアジアン家具が並ぶインテリアでベトナム・コーヒーなどを楽しめるアジアンカフェもたくさん見られるようになりました。北欧と違ってアジアはアジアでもどのアジアかによって全くテーマが変わってきます。



アジア風と一言に行ってもアジアは非常に広いです。デザインの優れた生活雑貨などのことを言うのですが、これらは北欧がそのルーツとなっています。北欧の家具に比べるとアジアン家具は物価の違いもあって格安で手に入ることが多く、お金をかけずに癒しのインテリアを作りたいと思っている人にとってはうってつけとなっています。そんなテーマを「○○風」と表現するとしますと、その中で現在人気なのは「北欧風」「アジア風」、そして「和風」です。明るい色使いは寒さの厳しい冬を少しでも明るく暖かみを持って過ごせるようにした工夫ですし、その他にも北欧にはインテリアを大切にする風習があります。



テーマのインテリアはたとえキレイであっても、それ以上ではありません。あらゆるインテリアの基本書やガイドブックを見てもインテリアにおける基本中の基本は、まずどんな部屋にしたいのかをしっかりと決めることから始まると書かれています。筆者自身はどちらのインテリアも好きですが、カフェを楽しむなら北欧のファブリック、生活するならアジアンインテリアがいいなと思いました。北欧風に次いで、インテリアのテーマとして現在人気が高いのがアジア風インテリアです。まずはインテリアの本場、北欧から。




ファブリックの関連サイト・ブログを紹介します。



インテリアファブリックス性能評価協議会

インテリアファブリックス性能評価協議会ホームページ 楽天 インテリア

www.interior-seino.gr.jp



コットンハリウッド ファブリック(生地) - コットン、ガーゼ ...

生地と手芸&クラフト用品のオンラインショップ ... コットンハリウッドの数ある生地の中から、厳選した一部をオンラインにて販売しております! 生地は、お客様が用途に合わせて探し易いよう、生地の特長によって「定番」「ウェアー用」「インテリア用 ... インテリアコーディネーター

www.cotton-hollywood.com/fabric/index.html



ハワイアンファブリック?レーヨン生地

発色に優れアロハシャツの素材として好まれるハワイアンファブリック。サラッとした肌ざわりの生地で春夏の服に最適です。 smart インテリア

www.apple-house.co.jp/SHOP/2572/2782/list.html

posted by ase4 at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ファブリック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。