インテリアのテーマ について インテリアの特集

スポンサードリンク

2008年12月09日

インテリアのテーマ について

インテリアのテーマ に関する初めて聞く新情報がみつかるといいですね。



インテリアにテーマを持たせるというのは、何も海外のインテリアをテーマにするだけが能ではありません。エアコンをつけなくても床や壁が水分を吸収してくれるので室内はそれほどジメジメしないという先人の知恵がいっぱい詰まっています。和風インテリアの故郷は日本なのですから、日本は和風インテリアに関して世界で最も良いものが手に入る国です。木を使っていながら、その上から完全に色を塗ってしまう西洋の家具と違って、和風の家具は木が本来持っている木目の模様をそのままデザインに活かしているのが特徴です。これは日本の住宅やマンションが最初から和風ではなく西洋風になっているからこそ、そこにあえて日本のテイストを入れるために和風インテリアをしなければならなくなっただけのことです。自然界にある木の優しい模様は決して飽きがきませんし、柔らかい和みの空間を演出してくれます。



桐には害虫を寄せ付けない成分が含まれているそうで、昔の人はそんなことまで知っていたんだなと感心させられるのが和風インテリアです。そして障子や襖など、紙を使った仕切りが和風建築の基本です。和風の食器棚のことを「水屋箪笥」と言いますが、落ち着いた木の色合いと格子戸の機能美には日本の伝統芸術の重みがあります。かつて外国人の建築家が初めて日本家屋を見た時に「木と紙で家が作られている」と感動した話がありますが、まさに和風インテリアの味噌は木と紙です。湿度の高い日本で衣服、特に着物を保管するにはさらに知恵が必要とされてきました。湿度が高いということは害虫の繁殖にも有利なわけで、大切な着物を虫に噛み千切られないようにすることが大切です。



木や紙は吸水性に優れており、昔から湿度の高い日本の気候には最も適しています。和風インテリアの基本は何と言っても床です。今でも田舎の古い家や京都の町家などに入ると、何もしなくても最初から和風インテリアに統一されている家を見ることが出来ます。古くから着物の保管に使われる桐の箪笥。海外で和風インテリアの部屋を作ることは以前より大変人気が高いですが、良いものを日本から取り寄せるにはお金が掛かるのが悩みだそうです。



家具においても和風のテイストは存分に発揮されています。ここは日本なのですから、日本の伝統的な美しさや機能性を採り入れた和風インテリアも当然あります。そういう意味でも私たち日本人は最も恵まれた環境にあります。フローリングでもカーペットでもなく、畳の床。現在では和風インテリアという言葉がありますが、古くから日本の伝統的な家屋は損な言葉をつけなくても最初から和風インテリアなのです。




インテリアのテーマの関連サイト・ブログを紹介します。



小野意匠計画 Ono interior consultation

最もふさわしいインテリアテーマやイメージを見出す その事にわたくしどもは集中します スペースの向こう側に多様なコミュニケーションを予測しながら・・・・ コンセプトが明確になれば デザインは なめらかに動きはじめます インテリア カラー

www.onointerior.jp/concept/concept.html



インテリア産業協会|インテリアフェスティバル2008|インテリア ...

インテリア産業協会が主催する、「インテリアフェスティバル 2007」のご案内。 インテリアフェスティバル2007は、今日的なデザインで創造する新しい日本のスタイ ルの提案がテーマです。 プレゼント インテリア

www.interior.or.jp/ifes/outline/index.html



もっと楽しもうインテリアコーディネート3

総合住宅展示場ネットワーク abcハウジング ... 4月からは新しいシリーズのスタートです。 「もっと楽しもう!インテリアコーディネート3」では 「素材」をテーマにしたいと思います。 インテリア 求人

www.abc-housing.co.jp/e_interior3/index.html

posted by ase4 at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | インテリアのテーマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
総合リンク集 Link Station SEO対策 KEN SEO勉強会 ジャンル別リンク集 CRANE SEO対策 KenNavi 経営 お役立ちサイト集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。